読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフブロガー。 3歳と5歳の子どもと、夫の4人暮らし。 2016年に団地をフルリノベ。 無印良品、マリメッコ、アラビア…シンプルなデザインが好きです。 ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。 ご連絡はこちらまで。 ayakoteramoto1@gmail.com

【アドラー心理学】は育児書よりすごい!

スポンサーリンク

アドラー心理学が救ってくれた。

「何となく毎日が上手くいかない…」そんな時皆さんは何をしますか?私は外に答えを探しにいきます。大抵は本屋さんへ。自分が惹かれる言葉を見つけに行きます。

最近5歳のこどもの反抗期に悩んでしまうことがありました。「おかあさんだいきらい!」と、怒ったり気に入らないことがあるとすぐに言われました。

それがすごくストレスで…。何とかならないものかと本屋をさまよいました。

そうして手にとったのが、「人生に革命が起きる100の言葉」。

帯の「世界はシンプルで、人生は思いどおり」という言葉に引きつけられました。中を見ると…更に引かれる言葉に沢山出会いました。そのいくつかをご紹介します。

f:id:simplehome:20161118101446j:plain

アドラーがくれた言葉です。

人生が困難なのではない。

あなたが人生を困難にしているのだ。

人生は、きわめてシンプルである。

一番始めに載っているアドラーの言葉です。いまの自分を作っているのは、あくまでも「過去」ではなく「自分自身の考え方」だと言うのです。

過去は全く関係ないという考え方に驚きました。

自ら変わりたいと思い努力をすれば、

ライフスタイルを変えることは十分に可能だ。

性格は死ぬ1〜2日前まで変えられる。

勇気をもらえる言葉。変わりたいと自分が思うことが大切なんだと再確認。

第一子は、初めての子として両親の愛を独占する。

しかし、第二子の誕生と共に突然

「王座と特権」を奪われるのだ。

その後、かつての「王国」を取り戻そうとするだろう。

5歳くんは長男です。なるほど…!!と思いました。その通り。この後に、中間子、末子、一人っ子の特徴をとらえたアドラーの言葉が続きます。アドラーはカウンセリングの際に「その人の家族構成」を重要視しているのです。それが後々の性格形成に大きな影響を及ぼすそう。うなづく点が多く自分を客観視できました。

問題行動に注目すると

人はその問題行動を繰り返す。

叱ることは、悪い習慣を身につけさせる

最高のトレーニングなのだ。

これは…ほんとうに反省すべき点でした。疲れて余裕がないとき叱ってしまいます…。ゼロには出来なくても、すこしだけ改善すれば上手くいくと最近気づきました。

すべての悩みは対人関係の課題である。

仙人のような世捨て人さえも、

実は他人の目を気にしているのだ。

皆おなじなんだ、とほっとした言葉です。気にすることが普通なんですね。

自分の不完全さを認め、受け容れなさい。

相手の不完全さを認め、許しなさい。

ほんとうに…。完全、カンペキなコトはない。だからこそ世界は素敵だし、皆人それぞれ素敵なんだと思いました。

さいごに。

この本を読んでからひと月が経ちました。気がつくと…5歳の息子が「おかあさんだいきらい!」と言わなくなっていました。すごく嬉しい。なんでだろう…。

この本を読むまでは息子の気持ちに寄り添うことが出来なかったのです。相手の気持ちを考えることは難しい。でも、少しずつわかってきました。

「おかあさんだいきらい!」は「愛してほしい!」だったのです。

5歳でもたまにはだっこしてほしい。キスしてほしい。手をつないで眠りたい。どうしていつも弟じゃなくてボクを怒るの?おかあさん、ボクのことだいすき?愛してる…?その不安が…おかあさんだいきらいと言わせていたのでした。

お読み頂きほんとうにありがとうございました!皆様にとって素敵な1日になりますように…。

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

↑こちらの記事も参考になります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 

↑お手数ですが、応援クリックして頂けたらとてもうれしいです!

いつもありがとうございます!!