心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 0歳と5歳と7歳の子ども、夫と5人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

夢を叶えるために読みたい3冊の本*村上春樹さんと、さくらももこさんのエッセイ

スポンサーリンク

夢を叶えるために読みたい3冊の本*村上春樹さんと、さくらももこさんのエッセイ

こんにちは。ayakoです。

結婚して、子どもが生まれてからも、夢があると楽しい。

f:id:simplehome:20190105155301j:plain

子育て中ですが、小さな夢を叶えることが大好きです。

いつか子ども全員が巣立った後、心が迷子にならないためにも・・!!(笑)

子どもにエネルギーを注ぎつつ。

自分にも細々と水をあげる。

ちょっとずつでも、未来は変わるはず。

今日は、夢を叶えるために読みたい3冊の本のお話です。

(*「自分には無理だからいいや〜」となりそうな時に読んで、「そっか、夢ってこうやって叶えるんだ。やっぱりコツコツやってみよう!!」と思わせてくれる本。手放せない本なのです*)

1.【職業としての小説家 村上春樹さん著】とにかくコツコツやる大切さ

村上春樹さんを目指してる訳でも、小説家になりたい訳でもありません!!(笑)

▼それでも、とても学びがある本なのです。

f:id:simplehome:20190305131327j:plain

村上春樹さんがどうやって小説を書いているのか??

詳しく書かれています。

それが・・夢の実現に、めちゃくちゃ参考になるんです!!

▼具体的にこちらです。

  • 1日に必ず原稿用紙10枚書く
  • 書きたくない日も10枚書く
  • もっと書きたい日も10枚でやめる

長編小説を書くときは、必ず毎日10枚書いているそう。

やる気に振り回されずに、コツコツと。

すごい!!本当にすごい!!

「なるほど。毎日コツコツやれば、小説が1冊完成するんだ」と感動しました。 

そうして小説を書き終えたら、休んで。

休むことも忘れません。

1冊仕上げるまでは毎日コツコツ書いて、仕上げたら休む。

数年前に、ゴールを決めずに。

「毎日1枚絵を描く」をやってみましたが、脳みそがヘトヘトになって・・!!(汗)

楽しくなくなりました。(笑)

休むことも大切ですね!!

(*育児も「休みがない」と感じるとつらくなります。リフレッシュすると、また楽しくなる。長く楽しむために、休むことは大切ですね*)

「村上春樹さんが、どうやって小説家になったのか」も詳しく書かれていて。

ワクワクする本なのです。

2.【ほのぼの劇場(2)さくらももこさん著】夢を見つけて

さくらももこさんの本の中で、1番好きな「ほのぼの劇場」。

▼エッセイマンガの短編集です。

f:id:simplehome:20190305131352j:plain

表紙もすごくかわいい!!

さくらももこさんの、子ども時代のエッセイが11話、詰まっています。

ちびまる子ちゃんも、もちろん面白いけれど。

こちらには「ちょっと切なくなるようなエピソード」が描かれていて。

子どもの頃から「大共感!!分かる!!その気持ち分かる!!」と読んでおりました。

ちびまる子ちゃんよりも断然、共感していたんですね。うんうん。

▼その中の1話、「夢の音色」という短編。

f:id:simplehome:20190305131422j:plain

マンガをりぼんに投稿して、デビューが決まるまでのお話です。

さくらももこさんが「一生懸命になって夢に向かった時」が伝わってきて・・!!

  • 夢ってなんだろう?
  • 好きなことってなんだろう?

心が迷子になった時に。

「夢中になって頑張れることだよ」と教えてくれます。

このエピソードが好きで、子どもの頃から何度も読み返しました。

家族から「え〜!!マンガ家なんて無理でしょ」と反対されても。

気にしないでマンガを描いたさくらももこさん。

親はいつでも。

「普通の人生、普通の幸せが1番」だと思っているんですよね。

(親になったので、親の気持ちが分かるようになりました!!笑)

それでも。

さくらももこさんの夢を、家族がだんだん応援するようになります。

今読み返すと、親目線でも読めて面白い!!

子どもたちの「好きなこと、夢」も、応援できたらうれしいですね。

3.【ひとりずもう(下)さくらももこさん著】夢を見つけて

▼ほのぼの劇場から、約20年後に書かれたエッセイマンガです。

1冊を通して。

「高校生の頃にマンガを描き始めて、デビューするまでのエピソード」が描かれています。

f:id:simplehome:20190305131356j:plain

ほのぼの劇場の「夢が叶うまで」が、もっと詳しく書かれています!!

「私には無理なのかなあ・・」と、何度も何度も出てくるシーン。

それでも淡々と描くさくらももこさん。

f:id:simplehome:20190305131437j:plain

「怠け者な私が がんばって漫画を一本仕上げたなんて・・・」

この「怠け者」という言葉に・・!!

めちゃくちゃ自分が重なりました。(笑)

ダラダラ生活に勝ってしまうほど、やりたいことを見つけた。

どんな時間よりも優先させたくなる。

それが夢。

さくらももこさんが教えてくれました。

(親友たまちゃんとの別れのエピソードもグッときます)

【おまけの1冊】ほのぼの劇場(1)さくらももこさん著*母との別れ

さくらももこさんの「ほのぼの劇場」は全部で2冊あります。

忘れてしまった気持ちを、思い出させてくれる1冊。

f:id:simplehome:20190305131348j:plain

初期の頃の作品集なので、絵も昔のタッチです。

エッセイマンガが14話詰まっています。 

 ▼特に読み返したのは、こちらのエピソード。

f:id:simplehome:20190305131409j:plain

1人暮らしを始めて、お母さんと別れる時の話。

もう・・泣いちゃうよね!!(号泣)

結婚してから、何度も読んで泣いたお話です。(笑)

自分と同じ気持ちが描かれているから。

読んでホッとするのでしょうね。

(今読むと、子どもが巣立った日の母の気持ちになって、泣きそうに。・・気が早い。笑)

さくらももこさん、素敵な作品を本当にありがとうございます!!

さいごに。落ち着いてきました

しばらくやってなかった「授乳とオムツ替え」、やっと慣れてきました!!

(肩と腰はやばいですが。笑)

0歳イチゴくんがいる風景に、なじんできたわが家です。

f:id:simplehome:20190305130842j:plain

散らかしていい部屋、なるべくきれいにする部屋をつくっています。

全部散らかしたら・・!!大変だもの。(笑)

散らかした部屋は・・??

▼もちろん、ここからは見えないところ。

(すごいことになってます!!写真なし。汗)

f:id:simplehome:20190305130846j:plain

さて先日。

夫が色を間違えて注文したバウンサーも、正しい色が届きました。

(めでたしめでたし〜。笑)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です

▼持ち運びができて、すごくいいです!!カレンダーをやっと使いこなせるようになりました。

www.simple-home.net

▼育児中「あ!」と思いついては忘れるので。(汗)メモができるようにスタンバイ。それでも書けないこともありますが、メモが出ていると書きやすいです。

www.simple-home.net

お読みいただきありがとうございました!みなさまにとって素敵な1日になりますように・・!!