心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 0歳と5歳と8歳の子ども、夫と5人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

【シンプルな北欧リビング】散らかりやすい場所と、スッキリしている場所

スポンサーリンク

【シンプルな北欧リビング】散らかりやすい場所と、スッキリしている場所

こんにちは。ayakoです。

▼子どもと一緒に、なるべくシンプルな暮らしを心がけています。

f:id:simplehome:20191003155634j:plain

3LDKのわが家。

リビングにつながるひと部屋を開けっぱなしにして、2LDKにして暮らしております。

家族みんなが集まるリビング。できればいつもスッキリ気持ちよくしたい!!

そうは言っても・・まあ・・毎日カオスになる訳です。(笑)

「使ったら元に戻す」「出したらしまう」「ゴミは捨てる」・・などなど、あきらめずにコツコツ声かけすることも大事ですよね。

(子どもたち、そして夫にも!!笑)

成果はじんわり現れるはず。

今日は、シンプルな北欧リビングの、散らかりやすい場所と、スッキリしている場所のお話です。

パッと見はスッキリしているけれど、散らかるワークスペース

▼リビングの東側を見た所。

ワークスペースが見えにくく、パッと見はスッキリしております。

f:id:simplehome:20191004090642j:plain

パッと見のスッキリ感はとても大切ですよね。

大事なのは雰囲気。なんとなく片付いて見えればよいのです。

さてさて。

パッと見はスッキリですが、左側のワークスペースをのぞいて見ると・・??

▼子どもたちの勉強机があります。

f:id:simplehome:20191003160140j:plain

こうして引きで見るとそうでもないのですが・・。

チャレンジの教材を飾っていたり、辞書があったり。よく見るとチカチカしております。

(実際は、写真よりも目立っている感じ)

リビング勉強を選んだ以上、これは仕方ないですよね。究極のスッキリは目指しておりません。というか目指せません。(汗)

子どもたちが使うと、天板が見えなくなるまで物が自由に暴れます。

(ごちゃごちゃワールドが秒で完成)

リビング勉強っていいな〜と憧れておりましたが、子どもたちがいる時間はスッキリとはほど遠い空間です。

▼子どもが動画などを見るのもこちらです。

f:id:simplehome:20190721202932j:plain

「子ども部屋って、大人がリビングでくつろぐためにあったんだ!!」と、今さらながら気づきました。(汗汗汗)

▼誰も教えてくれなかった、あたり前のこと。

リビング勉強のデメリットは「リビングが雑然として見える、落ち着かない」こと。

とはいえ、リビング勉強は親子ともに最高だと思っております。宿題チェックもしやすい!!

日中片付いていればよし、としております。

子どもたちが帰ってきたら、ソファにゴロゴロしながら、カオスなワークスペースを眺める私。(疲れたらそっと背を向く・・。笑)

スッキリしている窓辺。ロールスクリーンは気持ちいい

▼窓の周辺はいつもスッキリしております。

全窓ロールスクリーンにして、カーテンを洗う手間をなくしました。

(日々の洗濯物でいっぱいいっぱいなので。汗。ロールスクリーン、ソファのファブリックなど、なるべく洗わない物を選んで楽になりました)

f:id:simplehome:20191003155704j:plain

▼こんな風に、上下で光のコントロールができるのがお気に入りです。

f:id:simplehome:20191003155707j:plain

窓辺がスッキリすると、お家全体の空気もスッキリしますね。

ロールスクリーンはホコリも気にならないので、とても有り難い!!

もしまたリノベする機会も恵まれたとしても、ロールスクリーン一択だと思います。

(子どもにいじられないのも最高。笑)

散らかるダイニングテーブル付近、スッキリしているチェスト

▼ダイニングテーブル付近は散らかりやすいです。

(*座っているのは私ではなく母です*)

f:id:simplehome:20191003155749j:plain

ダイニングテーブルは食事をしたり、お茶をしたり、夫がパソコンを広げたり・・。

色々するので、物が完全にない状態の方が少ないかもしれませんね。

ですが、チェストは用途が違います。

▼リビングの入り口からまっすぐ見える場所にある、チェスト。

f:id:simplehome:20191003155634j:plain

お家の顔、第一印象とも言えるので・・。

「スッキリを死守!!」したい場所です。

夫がどんどん物を置いたら、私が鼻息を荒くして撤去しております。冷た〜い視線も送っちゃいます。(笑)

チェストは一時物置きにするべからず。余計は物は置かない。

そうすることで、リビングが荒れた時にも、チェストがいい空気をかもし出してくれるのでした。

リビングの子どもコーナー(つないでいるひと部屋)、いつも散らかります

▼夜以外は開けっぱなしにして、リビングとして使っているお部屋。

f:id:simplehome:20191004083733j:plain

あ、片付けたはずなのにポスターが床に落ちてます・・。

完璧を目指さないと決めているので、ほぼ片づいていればOK〜としている私です。(汗)

そうなのです。

特に子育て中は、完璧なお部屋を目指すとフットワークが重くなるので・・!!

「なんとなく片付いて見えるリビング」でよいのです。完璧は捨てております。

▼こちらはリビングの死角にある、おもちゃコーナー。

f:id:simplehome:20191003174838j:plain

ごそごそ調査中でございます。

これからいっぱい楽しく遊べますように・・!!

おもちゃ部屋が散らかっても、もちろんですが、「それが普通だ」と思って暮らしております。(どんどん遊んでね!!笑)

基本的にリビング全体、おもちゃで遊んでOKなわが家。

例外として、休日に大人が休みたい時間帯だけ、おもちゃ部屋だけで遊んでもらうことがあります。

▼きれいに整えてから、大人の休憩タイムのはじまり。

f:id:simplehome:20191003155648j:plain

片付いていると、めちゃくちゃ休まります!!(楽しすぎてやばい)

子どもたちも、たまには密室で盛大に遊ぶのが楽しいみたい。

もちろんちょっとの間ですが・・。(笑)

さいごに。散らからない場所を作ると、安心して暮らせます

子どもがいると家全体が散らかるように感じて・・それだけでドッと疲れる気がしますよね!!(汗)

とはいえ、全部散らかる訳ではありません。散らからない場所もちゃんとある。

それから・・。

▼散らからない場所も意識的につくってみます。

f:id:simplehome:20191003174813j:plain

スッキリした場所があると、心がホッとしますね。

(自分が安らいでいる方が子どもをやさしい目で見れるような・・気もします。笑)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です

 ▼こちらのシリーズの木目が好きです。ちょっと使い方を変えようかな?と検討中です。

www.simple-home.net

▼物の置き方、しまい方。

www.simple-home.net

*台風(温帯低気圧)大丈夫でしょうか?被害などありませんように・・!!

昨日はそのせいかイチゴくんがグズグズでパソコンに触れず。泣。赤ちゃんって低気圧に弱いのかな??昨日ブログを見に来てくださったみなさま、ごめんなさい!!いつも本当にありがとうございます*

今日もお読みいただき本当にありがとうございました!!みなさまにとって、素敵な1日になりますように・・!!