心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 1歳と6歳と8歳の子ども、夫と5人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

【休校中にやってよかった基礎の問題集*算数と国語】小学生と幼児さん向け

スポンサーリンク

【休校中にやってよかった問題集*算数と国語の基礎】小学生と幼児さん向け

こんにちは。ayakoです。

小学3年生と、年中さんがいるわが家。

▼新学期がはじまったので、「基礎」を学べる問題集をはじめました。

f:id:simplehome:20200416180816j:plain

ひとりで学べるなんて!!最高じゃないか〜と購入しました。

そうそう。

3月の休校と4月からの休校は全然ちがうなあ・・と実感しております。

(*3月は何もしなくても大丈夫な時期でしたが。4月からは新しい内容を進める必要があるので*)

学校で新しくやるはずだった内容を、お家でちょっとずつ進めておくと安心ですよね。

とはいえ、全教科は本当に厳しい!!厳しすぎる。(絶望的にムリ。滝汗)

▼この2つだけを、新学期の流れに沿って進めることにしました。

  1. 算数の基礎
  2. 国語の漢字

付きっきりでの指導はとてもムリでして。(毎日答え合わせのみ。汗汗汗)

なるべく自習形式で学んでくれるとありがたい!!

今日は、休校中にやってよかった基礎の問題集のお話です。

(*わが家の場合、これまでは「家庭で予習」。「学校でていねいに基礎を教わり、復習する」という流れでした。

休校になった4月からは、学校に頼っていた部分がなくなるので、家庭で少しずつ補えるようにしていこうと思っています*)

算数の基礎(小学生向け)ひとりで淡々とできる問題集です

 ▼小学2年性から6年生まで揃っています。

わりと厚みのある問題集。

基礎を演習していくのに、とっても分かりやすい問題集です。

応用問題はありませんが、必要な基礎をもれなく学ぶことができます。

▼図があるので、分数をスイスイ理解して行ったり。

f:id:simplehome:20200416180827j:plain

▼はかりの問題もあります。

f:id:simplehome:20200416180830j:plain

なかなかここまでしっかり、基礎がつまった問題集がないんですよね。

▼そして重要なポイントがこちら。

この問題集を解いていて、本人から質問が来たことがありません!!(最高)

という訳で。

休校中にコツコツ進めようと思います!!

国語の基礎(小学生向け)*漢字は、1回で頭に入れるのがむずかしい。くり返し、コツコツと

▼漢字はこちらのドリルで「書き順」を頭に入れてもらっています。

▼中身はこんな感じで、とてもシンプルです。

f:id:simplehome:20200417111340j:plain

▼ 漢字と言っても、覚えることが3つあるんですよね。

  1. 書き順
  2. 読み方
  3. 単語の使い方

これらを一気に頭に入れようとすると、意外と失敗します。(これは自分自身の失敗談)

「書き順なら書き順だけをやる!!」

1つに集中すると、グッと効率がよくなります。

 書き順の間違いは特に減っていきます。

 ▼そしてこちらのカードを、読み方や使い方を頭に入れていくために使いはじめました。

 小学校の全漢字がつまったカードなんです!!

全漢字なのがいいですよね。もう買わなくていいのが最高。(笑)

デザインもユーモアがあってかわいいです。

▼漢字カードを切り離して、付属のリングで留めるとこうなります。

f:id:simplehome:20200417110606j:plain

上が表、下が裏。

覚え方が・・ちょっと変な気もするけど!!(笑)

裏の例文はなかなかよくまとまっているな、と感じます。

続いて、幼児さんにいってみましょう〜。

国語の基礎(幼児さん〜小学1年生向け)について*ちえドリル

国語の基礎(土台)はもちろん「ひらがな、カタカナ」だと思うのですが。

それは、それぞれにお好みのドリルがよい!!と思うのです。

女の子ならプリンセス系、男の子なら電車系などなど。

少しでも、子どもの気分が上がるものをセレクトするといいと思います。

「書き方」に関しては、それが近道のような気がします。

とはいえ、わが家の場合、単調な練習ドリルだと全然やってくれなくて。(汗汗汗)

▼文字を書く練習や、頭の体操としてこちらのドリルをしております。

f:id:simplehome:20200416180901j:plain

本当は・・4歳の時に買ったドリルなのですが、1年間眠っておりました。

やっとこの前開いて、すぐに終えました♡(笑)

▼問題の構成など、すごくいいと思います。 

 (次の「5・6歳」も昨日ネットで購入しました)

▼このように、国語の問題もあるのが魅力的。

f:id:simplehome:20200416180920j:plain

ひらがなドリルをしないモモくんでも、これはやってくれました!!万歳。

▼このような問題もあります。

f:id:simplehome:20200416180930j:plain

「モモくん、これなにか知ってる?」と聞いたら、全部知っていて安心しました・・。(笑)

そのくらい、2人目のお勉強をみる時間が取れていなくて。

休園期間に、毎日10分ずつコツコツドリルを進めていこうと思っています。

この他にも、図形クイズのような問題もあり、楽しく1冊終えられるドリルです。

算数の基礎(幼児さん〜小学1年生向け)*はじめての百ますたし算

▼足し算の前に取り組みたいドリルについては、こちらの記事の最後に書いているので、こちらをご覧いただけると嬉しいです。

www.simple-home.net

▼「足し算とはなんぞや」が分かった後に取り組んでいるのはこちらです。

f:id:simplehome:20200416181024j:plain

▼いきなり100マスどーん!!ではなく。

ジワジワとマスが増えるので、手をつけやすいドリルなんです。

▼はじまりはこちら。 1ますからスタートします。

f:id:simplehome:20200416181201j:plain

▼だんだんますが増えてきて、自然に18までの足し算が頭にどんどん入るシステム。

f:id:simplehome:20200416181216j:plain

8歳レモンくんと違い、5歳モモくんは算数にまったく興味なしでした。(笑)

それでも、ここまで頭に入ってきたことに感動しております。

答えが10以上の足し算なんて、今まで全然やってくれなかったので。

(公文もさっぱり・・)

こちらのドリル様様です!!

式で解くよりも、明らかに、ますの方が楽しく頭に入るようなんです。

▼そして最後はついに100ますに!!

f:id:simplehome:20200416181233j:plain

はい、まだやってません。まっしろ。(笑)

モモくんの集中力だと、今は3段(30ます)ずつ進めていこうかなと思っています。

足し算はすぐに答えが言えるまでやるべし、なんですよね。

「計算のスピードの基礎」がつくので、とてもおすすめです。

さいごに。おやつタイム

お勉強して頭を使った後は、脳の栄養補給が欠かせませんよね。

(あれれ??子どもの勉強なのに、私まで頭使ってる・・笑)

休校&自粛生活でも、自粛しなくていいおやつタイム。最高です。

f:id:simplehome:20200417132139j:plain

おやつタイムがとっても楽しみです。

(このために生きている。笑)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です

▼算数と考える力を伸ばしてくれるドリル。

www.simple-home.net

▼幼児期におすすめのドリル。モモくんも1冊また終えて、最後の1冊をする予定です。すごくいいです!!

www.simple-home.net

今日もみなさまにとって、健やかな1日になりますように。笑顔になれることがありますように。

お読みいただき本当にありがとうございました・・!!