心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 1歳と6歳と9歳の子ども、夫と5人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

小学3年生になったので『子ども主体の塾なし中学受験』を考えはじめました

スポンサーリンク

 小学3年生になったので『子ども主体の塾なし中学受験』を考えはじめました

こんにちは。1歳、6歳、8歳の子どもと暮らしているayakoです。

f:id:simplehome:20200505145407j:plain

▼わが家の場合、中学受験はざっくりこんなイメージで考えております。

  1. 子ども主体であること
  2. 塾なし
  3. 超難関校が合格圏になったらチャレンジ

3条件そろってからのゴーサイン。

「受けても受けなくてもいい。希望するなら応援する」というスタンスです。

▼というのも、公文の幼児優秀児のテストが本当に大変だったから・・!!(汗汗汗)

www.simple-home.net

「子どもの気持ちが少なめ、親主体」のテストは、本当に大変だと実感しました!!

その後、親子で燃え尽きることが多いと思います。

公文の算数に対する気持ちが、きっと燃え尽きてしまったんですよね。つわりがきっかけでしたが。

親主体の中学受験なんてありえないな・・とこの時しみじみ感じました。「もうないな」とほぼ諦めました。

また、「お友達が受けるから」という理由も、同じく問題がある理由。

自分はどうしたいのか??がとても大切ですよね。

「自分で決めて、失敗も成功も、全部自分のものにしていく」流れにしたいところ。

(親であれ友達であれ、きっかけが自分以外だと責任が自分以外なので。本人は逃げられますし楽なんですよね)

さてさて。

公文をやめた後は、ひたすら「楽しい算数、好きな勉強」を心がけてきたわが家。

ただただ見守ってきただけの日々でした。(というか時間もなかった。汗)

小学3年生になり、本人に少し変化が見えはじめたので、改めて中学受験について考えはじめました。

今日は、子ども主体の塾なし中学受験を考えたお話です。

夫は「中学受験がとにかく勉強漬けで、大変に感じた」そうです

f:id:simplehome:20200429165056j:plain

小学校で勉強ができるから〜と、小4で入塾した夫。

6年生の最後の方は「勉強ばかりできらいになりそうだった」そうです。(汗汗汗)

「親が受けさせたいから、中学受験することになった」と夫。記憶の中で親主体でした。

昔の時代ってどこもそうなのかな。親に従う的な・・??

それでも関東の御三家の1つに合格して、自由な中学、高校生活を謳歌したようです。

(「塾の合格者一覧」は実家に大切に保管されていました。きっと家族みんなで喜んだんだと思います。夫の気持ちがちょっと複雑だったとはいえ)

成績はずっとトップ集団にいたのが、中学入学後は真ん中に。

「自分よりもできる人はたくさんいる」ということを知ったそうです。

f:id:simplehome:20200428160422j:plain

▼夫は中学受験に対して、とても慎重なスタンスです。

「中学受験は相当な覚悟がいるし、相当な勉強量がいる。そこまでおすすめできるものではない。

勉強がキライになったり、入学後に自信を失い、その後勉強をしなくなるというリスクもある」

(と言いつつ、レモンくんは中学受験いけるかも、とは思っているそうです。はい親バカです)

受験自体に思う所はありつつも、夫はその後国立大学、国立大学院と進んでいるので、中学受験も効いていたのでは・・と思います。

算数オリンピックの問題や、きらめき算数脳をやってみて思ったこと

▼この頃算数に対して、こんな言葉が聞こえてくるようになりました。

  • 「もっとやってみたい」
  • 「新しい問題が解いてみたい」

▼きらめき算数脳シリーズはおもしろすぎて、やり終えるのがもったいないと言ってたレモンくん。

一気に駆け抜けるようにやっていました。算数が本当に好きなんだね!!

f:id:simplehome:20200519183415j:plain

▼シリーズ最後の1冊を終える時に。

「あーもう終わっちゃう。さみしいな。もっともっとやりたかったな」

その言葉を聞いて、ふと、レモンくん主体の中学受験ができるかも?と思ったのです。

まだまだ分かりませんが!!

少なくとも、今までの小学2年生までの彼では、受験は頭に浮かびませんでした。

一度考えるのをやめてから、再び浮かんだのは本当に最近です。

限られた資金なので、どこでもいい訳ではない

限られた子育て資金なので、合格したらどこでもいい訳ではありません。

わが家の家計的に、超難関校のみチャレンジ。(レモンくんごめん!!)

とはいえ。

ダメだったとしても、かなりの学力を手に入れることになるので、大学受験や将来の仕事に効いてくるはず。

(正直なところ、「余裕で受かるくらいのレベル」に達していないと、入学後はかなり厳しい立場になるのでは・・とも思っているので)

夫の体験談を聞いていると「中学受験のその先」を見ながら、長い目で見て判断すること大切だなと感じております。

塾なし中学受験のメリットとデメリット

f:id:simplehome:20200423105816j:plain

あげるとキリがないのですが、塾なしのメリットとデメリットをいくつか考えてみました。

▼メリットはこちらです。

  • 塾の費用はかからない
  • 夜に通塾しなくていい(普通の暮らしができる)
  • 塾のペースに合わせなくていい
  • 子どもの好奇心に合わせて先に進める
  • 目指すのは「できる他人」ではなく「できる自分」になる

▼デメリットはこちらです。

  • 親の負担が大きい
  • 「問題集や対策」などの方針を、親が決める必要がある
  • できない時に、忍耐力と柔軟力がいる
  • 感情的にならないように心がける必要がある
  • 相談相手がいない
  • このままでいいのか親が不安になりやすい

メリットは、お金と普通の暮らし。(ふつう、めっちゃ大事。笑)

夜の通塾がないのは最高ですよね。

ただしデメリットもめっちゃあります。本当に大変だ、中学受験は・・!!

「塾なしで子ども主体受験」だとしても、大変なことは同じ

f:id:simplehome:20200421130233j:plain

塾なし子ども主体だとしても、親の多大なるサポートが必須!!なのでした。

(まだはじめてないのに断言。笑)

どんな道(方法)を選んでも、中学受験は親が「かなりの時間と労力」を使う必要がある。

もちろん子どもも、かなりの時間を勉強に投入することになる。

それが中学受験なんですよね。そうそう。

本命校の入試問題を見ましたが、算数が初見で解けません・・。(汗汗汗)

本気でむずかしい!!大学入試センター試験のほうがはるかに簡単です。

という訳で。

志すにはめっちゃ覚悟がいります。ドキドキ。簡単にはゴーとはなりません。

公文の例のテストの件もあるので、とても慎重になっております。

途中で子どもがやめた〜はアリですが、親がやめた〜はナシですから。

「勉強が好きで、もっとやってみたい」からスタートしてることが、大大大前提です。

子どもの気持ちありき。

本人がゴーと言ったら、覚悟を決めてサポートがんばろうかなと思っています。できる範囲で。

さいごに。第1子は色々考えちゃうよね

▼今日はブログに書くことが思いつかないな〜とつぶやいたら・・。

「他のことで頭がいっぱいなんじゃない?そのことを書けば?」とレモンくん。

す、するどい!!(笑)

いやはや。

本当に、第1子の人生は初めてだらけで色々考えてしまいますね。ついついね。

▼悩んだらチョコでも食べよ〜。

そんなに深く考えなくても大丈夫だな、と思えてきます。(笑)

f:id:simplehome:20200519190150j:plain

もっと気楽に、肩の力を抜いていこう。

笑顔になれるほうへ。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です 

▼考える算数は楽しい!!ゴリゴリ勉強ではなく、なるべく楽しい方向から。

www.simple-home.net

▼小学1年生から2年生までは学校になれることがメインでした。

www.simple-home.net

今日もみなさまにとって健やかな1日になりますように。笑顔になれることがありますように。

お読みいただき本当にありがとうございました・・!!