心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフブロガー。 3歳と6歳の子どもと、夫の4人暮らし。 2016年に団地をフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、断捨離のやり方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。 ご連絡はこちらまで。 ayakoteramoto1@gmail.com

子育ての失敗2つ【トイレと、言葉遣いの問題】失敗しても、前向きに!

スポンサーリンク

子育ての失敗、たくさんあります。

こんにちは。「心を楽に、シンプルライフ」です。わが家には5歳と3歳の男の子がいます。

f:id:simplehome:20170509111028j:plain

大人は十人十色で、子どもも千差万別。子育ては親子ともに手探りな部分が多く、「あ〜やってしまった…こんなはずじゃ無かった〜」がよくあります。

失敗は成功のもと。

失敗が無いなんてありえないので、そこから前向きに学べたら良し!だと思うのです。

さて、今日は最近の子育ての失敗2つ、トイレと言葉遣いの問題のお話です。

【3歳くんへの反省】 オムツを2歳ギリギリまで愛用してしまった。

f:id:simplehome:20170509111058j:plain

やっと3歳くんは、2歳ぎりぎりでパンツになれました。

実は、私は今回「下の子だから、自然に取れるのでは?」と変な期待をしていました。そして、期待外れな結果に…><

オムツは「自然に取れる」ではなく「ある日を境に一気にパンツにする」が正しかった…です。

そして、5歳くんの時は怒ってしまったので、今回は「怒らない!優しいトイレトレーニングにトライだ〜!」と思っていました。ですが、3歳くん手強かったのです。

「明日が来なかった話」

「トイレいこっか〜♡」(笑顔で)

と言うと、当時2歳の3歳くんは、

f:id:simplehome:20170509114428j:plain

…かなりかわいく言われてしまい(さすが下の子)、私もつい「わかった♡」と…。

明日になると「あしたね♡」なので、永遠に明日が来ませんでした。(うーん自分にも起こりがちなこと…)そんな風にどんどん時間が経ってしまったことも反省です。

思い切ってパンツにしないと、「尿間隔」が開かなかった。

「おしっこの回数が多いからまだムリですよ」

「自然に間隔が開くので、その時まで待ってみたらどうですか?」

保母さんに相談すると、いつもこんな風に言われました。

でも、いくら待っても開く気配が無い。オムツを見ると、すぐにおしっこが出ています。今のオムツは快適すぎるので、おしっこで濡れても平気なんですよね。

オムツのままトイレ100%成功…が理想ですが(パンツにおもらし無し)、上手くいきませんでした。(子ども2人とも)

パンツにしたら尿間隔がびっくりするほど開きました。(2人とも)

パンツを履くからこそ、私も「トイレ行こうか?」と声をかけるし、トイレに強制連行するんだなあ…とも感じました。

トイレトレーニングでは「怒ってはダメ」が定説だけど…?

長男くんの時は妊娠していたし早くオムツを卒業してほしくて、思いっきり怒ってしまいました。かわいそうに…><泣いていました。でも、すぐに上達しました。1週間でほぼカンペキ。

でも、今度は怒らないでみたいと思っていました。なので次男くんには、全く怒りませんでした。そうしたら…。先ほどの「あしたね♡」が永遠に繰り返し。

ある時決意して、かなり鬼になってパンツにしてみたら…あっさり1週間で終わりました。怒るのも、要所要所ではやはり必要なのかな…?と感じました。

【5歳くんへの反省】早すぎた?タンタンの絵本。 

f:id:simplehome:20170509111125j:plain

タンタンの冒険旅行シリーズ。イラストと色合い、冒険旅行の物語が好きで、5歳くんにもそのワクワク感を味わってもらえたらなあ…と。

子どもの頃に見て感動した記憶があるので、 ぜひぜひオススメさあどうぞ!という気分でした。

ところが…事態は思わぬ方向へ。

脇役の「船長」のセリフが大受け。

このマンガによく出てくる脇役の「船長」、口が悪いのです。

「コンコンニャローのバーロー岬!!」

「なんとナントの難破船!」

「はなせ!もうドタマに北回帰線!」

…などなど。これが、子どもに大受けしました。主人公のタンタンではなく、脇役の船長にものすごく影響を受けてしまって…そんなつもり無かったのでびっくり。

(※タンタンは礼儀正しい言葉遣いです)

私自身、そんなの気にしてなかったので、「なんでそんなに船長のセリフに反応するのかな??」と。まさかの展開でした。

f:id:simplehome:20170509111156j:plain

(キレイな色使いが素敵なコミック絵本シリーズ)

変な言葉遣いを覚えてしまった5歳くん。

保育園にお迎えに行くと会った瞬間に、

「コンコンニャローのバーローみさき!」と言われます。

夫はすれ違う時に、

f:id:simplehome:20170509114739j:plain

「コンコンニャローのコニャック野郎!」とつぶやかれたと言ってました。(夫がお酒好きだと知ってて…?)

お友達にも言ってるみたいだし…大変、やばいです。どうしよう。ほんとうにごめんなさい。とにかくタンタンの絵本はもう少し大人になるまで、お預けにしました。

(子育てって、ホントに思い通りには進まないみたいです)

さいごに。失敗は成功のもと!

という訳で、わが家の最近の失敗2つのお話でした。悪い言葉がとっても楽しい時期があるみたいなので…。「いけないよ」と教えながら、様子を見ようと思います。

今日もお読み頂きほんとうにありがとうございました!とても嬉しいです。みなさまにとって素敵な1日になりますように…。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です。

▼気持ちの切り替えは大事ですね!昨日に引き続き片づけよう〜と思います! 

www.simple-home.net

▼「断捨離しすぎてパジャマがない〜!」と夫があわててました。物をためこむ夫にも、そんなことがあるんだとびっくり。断捨離にはまってる時の注意点です。

www.simple-home.net

 にほんブログ村テーマ

 ▼笑顔になれる子育て

▼スッキリさせた場所・もの

▼バッグの中身、大公開!

▼ガラクタ捨てれば自分が見える?

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↑お手数ですが、応援クリックして頂けたら、とても嬉しいです!!

いつもほんとうに、ありがとうございます!!