心を楽に、シンプルライフ

シンプルライフ、整理、片づけ、捨て方、そして、家庭学習、遊び( 幼児教育と小学生の学習)について綴っています

【小2・冬の塾なし家庭学習*算数】ムリなく予習。『はてなに答える算数』の使い心地と、折り紙ブーム

スポンサーリンク

【小2・冬の塾なし家庭学習*算数】ムリなく予習。『はてなに答える算数』の使い心地と、折り紙ブーム

こんにちは。ayakoです。

▼小2モモくんの、冬の家庭学習のサイクル(算数)を少し見直しました。

(折り紙も勉強の一環にしてます!!笑)

▼シンプルな学習サイクルにします。

  • ドリルは一旦、ハイレベに一本化(これだけをやる)
  • 分からない知識は、「はてなに答える」で調べる
  • リス算数でゆーっくり予習
  • むずかしい折り紙に挑戦

ドリルはいろいろ一気に進めず、しばらくハイレベのみにしてみます。

先日注文した「はてなに答える算数(参考書)」も、早速使いはじめましたが、とても使いやすいです!!

今日は、小2の家庭学習(算数)のお話です。

リス算数でムリのないペースで予習しています(ゆっくりペース)

▼小学3年生の範囲は、リス算数で予習しました。

www.simple-home.net

▼ゲーム機能などが一切なく、スッキリと、算数だけに集中できるタブレットです。

(ポイントを貯めてプレゼントをもらう、というモチベーション維持システムはあります)

ここでサーッと予習しているため、次学年のドリルを予習しやすくなっています。

▼リス算数の詳細はこちら。

人数限定! RISUお試しキャンペーン | リスジャパン株式会社

(*お試しのクーポンコードは「ter07a」です。 通常の申し込みだとお試し期間はありませんが、クーポンを入力すると1週間お試しすることができます。その期間は、どれだけステージを進めても料金計算にカウントされません*)

コツコツやってから、ドリル(ハイレベ)を使います!!

ハイレベで、演習量を確保します

▼ハイレベ、すごく好きになってしまったドリルです。

(母が。笑)

  • 豊富な演習量
  • 基礎からのステップアップ
  • 難しい問題の量は少なめ(だから進められる)

▼バランスがよいドリルです。

▼モモくんにもほどよいやさしさ。それでも、量はあるのでたっぷり演習できます。

量より質というけれど・・

算数は、量を減らすと力が落ちる科目だと感じます。(汗)

もちろん他の科目もそうですが。

「量=力」だなあ・・としみじみ感じる科目です。

(力があるからこそ、量を楽々こなせる!!力がないと、量がこなせません)

▼1番むずかしい問題は間違えていますが、挑戦できなくはない難易度です。

▼淡々とやっています。

・・で、ドリルをやっている時に。

「これ何?」と質問がきた時に、母の代わりに答えてくれる参考書を投入しました!!

(自分で調べてくれ〜。笑。その方が身に付く!!し、母も楽)

はてなに答える!算数の使い心地。知りたい知識を、きちんと調べることができます

▼はてなに答えるシリーズの算数です。

▼実は、間違えて旧バージョンを買ってしまったのですが。(汗)

改訂版はこちらです。

▼例えば先週、こんな質問がありました。

モモ「グラムとキログラムがよく分からない〜」

私「はてなで調べてみよう」

▼量の単位で調べることができます。

モモ「わかった。ゼロの数も大丈夫!!」

▼続いて、こんな質問がありました。

モモ「直角が1つ、辺の長さが2つ同じ三角形ってなに??」

私「はてなで調べてみよう」

▼「直角二等辺三角形」についても、シンプルに載っていました。

こんな風に、疑問に思ったら即調べる。

どの科目でも大事なことですが、算数もそうなんだなーと感じました。

これからもお役立ちになりそうです!!

▼計算の仕方も、それぞれ載っています。

母に質問がきても、時間がないとすぐに答えてあげられないので。(汗)

子どもが調べられる参考書、すごくいいと感じました!!

(調べるのは手伝ってあげてます。説明は参考書にお任せ)

実はこのはてなシリーズ、ついに小5の兄が「国語もほしいよね・・」と言い出しまして。

結局、四教科コンプリートすることになりそうです・・!!

理科と社会は小5兄が小3の時から使っていますが、調べものにビッタリなんです!!

(4科の使用感は、また改めてまとめ記事にするかもしれません)

とりあえず今は、

  • 算数と国語・・小2モモくんが辞書がわりに使う
  • 理科と社会と国語・・小5レモンくんが調べものに使う

という使い方に落ち着いております。

むずかしい折り紙に、毎日トライしています(上達しました)

折り紙が大好きなモモくん。

▼算数に役立つと信じている(勝手に)、むずかしい折り紙シリーズです。

この折り紙作家の山口さんの著書、どれも素晴らしいのです。

その中でも「子どもが挑戦しやすい、難しい折り紙の本」が、上の「端正な折り紙」です。

(わが家にある山口さんの本で比較済み)

▼モモ「学校に持っていって、おまつりの商品にするんだ」

上の本を見ながら、ていねいに折っていました!!

前はすぐに「ダメだ、途中で分からなくなった」と諦めていたモモくん。

今は自力で最後まで折り上げるようになり、グッと成長しました。

その調子だ〜!!

(折り紙効果で、図形問題が前よりもできるようになりました)

おやつパワー

モモくんは甘党です。

▼「おやつ食べてから、勉強する〜

私も何かやる前に、おやつタイムです!!

「腹が減っては戦はできぬ」、をしみじみ実感。笑)

 

おすすめの関連記事です

▼山口さんの著書よりも、こちらの「ちょいムズ」の方が取り組みやすいです。

小5兄も折り紙が大好きで、よく折っていました。

www.simple-home.net

▼国語はマンガ頼りな日々。この中の親向けの国語本は、「自分の気持ちを言葉にできないお子さん」の親御さん向けです。なるほど・・と納得することばかりです。

www.simple-home.net

(ちょうちょの写真は小5兄が「僕の方がレイアウト上手だから」と、写真を撮るために並べてくれました。ママは下手だから、とのことです。笑)

みなさまにとって、今日も健やかで楽しい日々になりますように・・!!

今日もお読みいただき本当にありがとうございました・・!!