心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフブロガー。 3歳と6歳の子ども、夫と4人暮らし。 2016年に団地をフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、断捨離のやり方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。 ご連絡はこちらまで。 ayakoteramoto1@gmail.com

キッチンで使う100均ボックスを、マリメッコの布を貼ってリメイクしよう!

スポンサーリンク

吊り戸棚にある100円ボックスを、リメイク。

こんにちは。「心を楽に、シンプルライフ」です。

マリメッコが好きです。数年前に「ファブリックフレームを作ろう」と思って買った、マリメッコの布。

ところが、飾ってみると…しっくりこないのです。

インテリアはシンプルが好き。だからでしょうか。そのままずっと引き出しの中に眠っていました。

最近、吊り戸棚を開けたときに、ふとこの布の存在を思い出しました。

「ここに、似合うかも」

今日は、100円ボックスを眠っていたマリメッコの布で、リメイクしたお話です。

f:id:simplehome:20170202115116j:plain

(どこの100均でも手に入る取っ手つきボックスです)

 リメイクに用意したもの。

  1. 眠っていたマリメッコの布
  2. はさみ
  3. 白のビニールテープ
  4. アイロン

折り畳んであったので、まずはアイロン掛けをしました。

気分は「フランス人のように」です。

フランス人は知らないことでも、どんどん、手を動かしてやるそうです。

あらゆる事態において、そうでありたいと思いつつ…。ジャキジャキと切りました。

5分で完成しました。

f:id:simplehome:20170202115710j:plain

やってみて良かったです。

カンペキを目指さないことが、フットワークを軽くするのだ…と感じました。

マリメッコの、こちらのテキスタイルは他のカラーバリエーションもたくさん。特にこの白い背景に、淡いピンクと渋いグリーンの組み合わせが好きです。

買ったのに使わず、でも断捨離もできず、ずっと眠っていたマリメッコ。

使うことができて、とても嬉しくなりました。

キッチンの吊り戸棚へ。

f:id:simplehome:20170202120236j:plain

100円ボックスを戻しました。

扉を開けるのが楽しみになりました。取っ手つきの100円ボックスは、とても便利だけど、中が丸見えなのが気になっていました。

(中が見えたほうが使いやすいものは、もちろんそのままです)

こちらはストックを収納してるボックス。使用頻度がとても低いのです。

なので、中が見える必要がないのだと気づきました。

こちらの棚の左側は、お塩、カトラリーケース3つを置いています。

こどもがいると、こうして高い位置に置いたほうが楽なものがあります。

吊り戸棚の扉を閉めると、白。リセットする色。

f:id:simplehome:20170202120253j:plain

やはり落ち着きます…。色ものが大好きだけど、白も心から好きです。

心をリセットしたい」そんなときは白がいい!そう思うのです。

さいごに。やってみると楽しい!

そして明日は、5歳くんが保育園でお泊り会です。離れて眠るのは、下の子が産まれて以来。毎晩「いきたくないよ〜〜」と言っております。

私も小さな頃、そうでした。

新しいことにチャレンジするとき「こわい」という気持ちがどうしても消えません。(汗)

ちいさなリメイクでも、やるまでに時間がかかります。(汗)やったら5分で終わるのに…!(笑)

でも、やってみると楽しい!やったほうがチャンスが広がる!それがやっと分かってきました。

今日もお読み頂きほんとうにありがとうございました!とても嬉しいです。

みなさまにとって素敵な1日になりますように…。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です。

▼わが家の白い、シンプルなキッチンです。 

www.simple-home.net

▼キッチンの、ゴミ箱置き場の問題。その問題を、クリアしました。無印のゴミ箱を使っています。

www.simple-home.net

にほんブログ村テーマ

▼白いインテリアが好きな人集合!

▼やっぱり好き MUJI 無印良品 

▼WEB内覧会*キッチン

▼marimekko/マリメッコ大好き!!