心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 0歳と5歳と8歳の子ども、夫と5人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

いらない物を手放してシンプルに暮らしたい!初心者向けのコツ「洋服、家、人生」

スポンサーリンク

いる物だけでシンプルに暮らしたい!初心者向けのコツ「洋服、家、人生」について

こんにちは。シンプルな暮らしを心がけているayakoです。

「シンプルに暮らすための、初心者向けのコツが知りたいです」というご質問をいただきました!

f:id:simplehome:20180628143351j:plain

わ、私は決して中級者でも上級者でもなくて・・!!(大汗)

▼むしろ完全に「初心者マインド」の持ち主です。

  • 面倒くさがり
  • 難しいと続かない(さっさと諦める)
  • できるだけ簡単だとうれしい

このような私で大変申し訳ございません!!

ただ・・いつまでも、初心は大切だと考えております。

「すっきりシンプルに、楽しく暮らしたい!!」という気持ちが。

その気持ちがなければ、簡単にお家は荒れてしまうんですよね。 

今日は、いらない物を手放してシンプルに暮らす!初心者向けのコツのお話です。

(*「洋服、家、人生」3つのカテゴリーに分けてお伝えします!!*)

洋服のコツ*なるべく全ての洋服を自分で選ぶ

お気に入りの洋服だけで暮らしたい。

f:id:simplehome:20181018110034j:plain

▼洋服をどんどんゴミ袋に詰めた時に気づいたこと。

それは、この2つがめちゃくちゃ多かったことです。

  • お下がり服
  • 「似合う」と言われて買った服

小さい時はお下がり服が大活躍しますよね!!

ですが・・、大人に近づいたら、お下がり服は遠慮した方が良さそう。

お下がり服がお気に入りになったとしても、「自分で選ぶチャンス」は失っているからです。

f:id:simplehome:20180607141838j:plain

▼いらない洋服を減らす、最大のコツはこちらです。

洋服はなるべく自分で選ぶこと。

これに尽きます!!

大好きな男性からのプレゼントでも「ちょっと趣味が違うかも、困ったな〜」ということが・・ありますよね!!

(*男性の理想通りにはなれない・・そんな現実。笑*)

また、家族から似合うと言われると、ついつい買ってしまう。そんな流れも要注意!!

(経験多々あり。汗)

家族に「いいね」と言われると、その気になりがちです。

ですが。

自分を1番よく知っているのは、自分です!!家族ではありません。

家族だって、自分のことで精一杯なはずです。(笑)

「こっちよりもあっちが似合ってたよ〜」なんて言われても。

人の意見は気にせずに、自分が気に入った洋服を選ぶようにします。

失敗してもそこから学びがあり、快適なクローゼットになっていきます!

家のコツ*捨ててから、分ける

好きな物に囲まれて、すっきりシンプルに暮らしたい。

そんな夢を叶えるためには??

やはり物を捨てることは大切です。捨てる作業は欠かせません!!

▼毎日淡々とゴミ箱へ。捨て続けましょう〜。

f:id:simplehome:20181205151255j:plain

▼シンプルな家で暮らすコツはこちらです。

  • 捨て続ける
  • 物を「出しっ放し(好きな物)」と、「しまう(好きな物以外でもOK)」に分ける

家族と暮らしている時はもちろん、1人暮らしの時でも。

「完全に好きな物しかない家」は実現不可能なのです。

そこで。

▼インテリアに1つだけ、ルールを作ります。

  • 出しっ放し・・好きな物を選ぶ
  • しまう・・好きな物以外でもOK!

例えば、こんな選び方をします。

出しっ放しにする靴べらは「好きな物」を選びました。

インテリアに合わせて、木製を。

f:id:simplehome:20181203120646j:plain

しまう靴べらならプラスチックでもOK!

収納の中にしまう物は、好きじゃなくても全く問題なし。

「しまう物」と「出しっ放しにする物」は、選び方を変えます。

そうすれば、自然にインテリアは整ってきて。

統一感(=すっきり感)が生まれるはずです。

たった1つのルールでも、もちろん完璧は目指しません!!

例外はポロポロ出てくるので。(笑)

なるべく、ゆるく守る。それでも十分に効果があります。

人生のコツ*1人で行動する勇気を持つ

親に感謝しているのは、「友達に流されすぎてる。もっと1人になりなさい」と、学生時代に言ってくれたことです。

f:id:simplehome:20180419152456j:plain

(*友人や家族と過ごす時間が大好き。それと同じくらい、1人で過ごす時間も大好きになりました*)

1人になる。

1人で行動する。

1人を意識してから、「やってみたいこと」にどんどん挑戦できるようになりました。

いじめが起きやすい中学校でも、1人で平気な子はとても強かった!!

老後も、1人で自分を楽しませる人は、最期まで人生を楽しんでいた。

という訳で。

▼わが子も本日、「お友だちゼロ人」の雪国体験へ送り出しました。

f:id:simplehome:20190104142403j:plain

ワクワク出かけて行った、小1のレモンくん。

これからも、うるさい親に洗脳されずに、自分の気持ちを大切にしてね。

(一緒に暮らしていると、ついつい、うるさいママになっちゃうから。笑)

離れると親子ともにさみしいけれど。

心のどこかで、お互いに解放されて。自由になります。

子どもはいつか、親の価値観から自由になりたくなる。巣立ちたくなる。

そんなことを感じました。

習い事なども「1人で参加する」ことで、大きな成長がありそうですね。

(*もちろん、お友だちと仲良くすることも大切だと思っております!!*)

さいごに。久しぶりに夫婦でランチ

レモンくんの旅支度でワタワタだった私たち夫婦。(汗)

▼やっと落ち着いて、2人でランチへ行きました。

f:id:simplehome:20190104174405j:plain

「家にいると、やることが次から次へと湧いてくるんだよね〜」

世の中の主婦の気持ちが分かった夫。怠惰な妊婦にイライラでしたが。(汗)

「あのね、出産前後に妻に冷たくすると、一生うらまれるんだって♡」と言ってみたら、急にやさしくなりました。(笑)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です

▼いらない家事を捨てて「手に入れた時間」を使って。

www.simple-home.net

▼引き出しひとつから心地よく。全部出して捨てる、具体的なやり方。
www.simple-home.net

お読みいただき本当にありがとうございました!みなさまにとって素敵な1日になりますように……!!