心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 0歳と5歳と8歳の子ども、夫と5人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

【子育て中は特に気をつけよう!水分とカルシウムを取ること】お茶はポットと冷水ピッチャーで準備

スポンサーリンク

【子育て中は特に気をつけよう!水分を取ること、カルシウムを取ること】お茶はポットと冷水ピッチャーで準備

こんにちは。ayakoです。

▼こちらのお方に、母乳でどんどんカルシウムと水分と、その他もろもろを持って行かれる毎日を送っております。

(いいのいいの吸い取って〜でも摂取せねば!!倒れます〜)

f:id:simplehome:20190813155005j:plain

子どもを産むごとに実感しているのは、骨と歯が弱くなっていること。

妊娠、授乳中は、食べ物からのカルシウムが不足すると、お母さんの体から持っていきます。(ドキドキ)

そしてそして。

子育て中、子どもの偏食にお付き合いすると自分までカルシウムが不足することがありますよね。

という訳で!!

しっかり意識して、カルシウムと水分を取ることを心がけるようになりました。

カルシウム不足のサインは「イライラと虫歯」です。

(*子どももカルシウムが不足していると、カンシャクを起こしやすくなるそう。わが家のモモくんも対策して和らぎました*)

子どもの健康も大事、そして、ママの健康もとっても大事。

元気に子育てしたいですね!!そして元気な老後を迎えましょう。(笑)

今日は、子育て中に気をつけたい水分とカルシウムを取ることのお話です。

水分はノンカフェインをゴクゴクと補給。腎臓によいなた豆茶を飲んでいます

カフェイン入りは控えめが基本。なので、ゴクゴク飲めるノンカフェインのお茶を常備しております。

▼腎臓によいなた豆茶を愛飲しています。

f:id:simplehome:20190905152133j:plain

いくつかまとめ買いして、箱から中身を取り出して保管します。

妊娠中、授乳中は腎臓に負担がかかります。なので、腎臓によいお茶がおすすめ。

▼なた豆茶はおいしくてゴクゴク飲めるので、今はほぼこれです。

箱から出してコンパクトに収納(いつもメンバーが変わる収納へ)

▼取り出したストック用のなた豆茶はこちらへ。

いつ見てもメンバーが様変わりする(?)キッチンのストック置き場。

f:id:simplehome:20190905152143j:plain

箱だとかさばりますが、出すととってもコンパクト。

ちなみに上の箱4つはオリーブオイルです。こちらは箱のままの方が保管しやすいので、このまま収納しております。

(*オリーブオイルは夫経由で特殊な買い方をしているので、ストック多め*)

お茶は2リットルのポットで。1日2〜3回作っています

▼サーモスのポットで。たっぷりと1日2〜3回作って赤ちゃんと一緒に飲んでおります。

f:id:simplehome:20190827151200j:plain

夏は暑いですが、これからの季節は熱々が嬉しい。

水分が不足するとフラフラしますよね。(汗)それだけならまだマシですが、何かあってからでは遅いことも。(汗汗汗)

水分はこまめに取りたいですね。

水分摂取とトイレは母から1番に考えてもいいくらい、ガマンしない方が良さそうです。

膀胱炎になってしまった友人が何人もいました。

母もちゃんとトイレ行って水分を取ろう!!後回しにせずに。

ゴクゴク飲んで、血液サラサラになっちゃいましょう〜。

カルシウムは「食べる小魚」が便利で簡単!子どもも一緒に食べられます

▼最近はじめた習慣はこちら。

「小魚を食べること」です!!めちゃくちゃ効きます。効果抜群。

f:id:simplehome:20190905152214j:plain

カルシウムって、意識しないと不足してしまうんですよね。

私も例にもれず「カルシウム不足代表」でした!!はい。

私の症状としては、授乳間隔があかない、フラフラする、虫歯になりやすい、歯が弱る、イライラする・・などなど。

何とかしたい!!もっと楽しく生きたい!!(切実)

そこで、カルシウムを取ることを心がけたら全ての症状が和らぎ、グッと楽になりました。

対策して本当に本当によかったです!!

(乳腺炎が怖くて、乳製品をなかなか摂取できないこともカルシウム不足の原因でした)

カルシウムが多く含まれる食品はこちらです

▼意識して取りたい食品はこちらです!!

  • 乳製品(ヨーグルト、チーズ)
  • 大豆製品(木綿豆腐、納豆)
  • 魚介類(しらす、ジャコ、ひじきなど)
  • 野菜(小松菜、大根、切り干し大根など)

私が今食べている煮干しの「1日の摂取量の目安」が・・!!なんと・・!!

「30匹〜40匹」って書いてました!!(衝撃)

そ、そんなに食べられないですよね??びっくりですよね??

とはいえ、母乳でカルシウムがどんどこ流出しているのを感じるんですよね。

最高にがんばって20匹食すことを目指す日々です。(30は無理だ〜。笑)

体が本当に楽になったので煮干し万歳!!ありがとう煮干しさん!!

子どもたちもボリボリ大好きです。

ほぼ子ども専用ですが、冷水ピッチャーで麦茶も準備

▼ほぼ子ども専用ですが、冷たいお茶も作っております。

f:id:simplehome:20190905152230j:plain

小さめポットに麦茶を2本。

赤ちゃんが飲めるように沸かそうかと思うけれど・・今はまだ水出しのみ。(面倒だからです。笑)

お客様用にもあると便利ですね。

さいごに。カルシウムは毎日コツコツと

▼切り干し大根にもカルシウムが含まれています。

おいしくて大好きだから嬉しい。無理なくコツコツ取り入れよう〜。

f:id:simplehome:20190319130421j:plain

カルシウムは食べると即効果を感じられました。

体が楽になると嬉しいですね。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です

▼冷水ピッチャーにこちらを選んだ理由。

www.simple-home.net

▼毎日大活用!!イチゴくんにどの柄を買い足すか・・楽しく想像中です。

www.simple-home.net

お読みいただき本当にありがとうございました!みなさまにとって素敵な1日になりますように・・!!