心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 1歳と3歳と8歳と11歳の子ども、夫と6人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

【テストの一喜一憂で感じたこと、家庭学習で大切にしたいこと】長い目で見て、じっくり学ぼう

スポンサーリンク

【テストの一喜一憂で感じたこと、家庭学習で大切にしたいこと】長い目で見て、じっくり学ぼう

こんにちは。ayakoです。

「テストで一喜一憂しないように」・・とよく聞くけれど。

人間だから「多少は」してしまいますよね。(苦笑)

f:id:simplehome:20220125183140p:plain

私も大なり小なり、子どものテストに一喜一憂してきました。

わわーーっと喜ぶこともあったし、ひいいーーっと引いたこともありました。はい。

その結果、感じたことがあります。

やっぱり・・ウワサに聞いた通り・・!!

一喜一憂はなるべくしない方が吉でした。

なるべく「小さな一喜一憂」にとどめておいた方がよい!!です。(経験則)

▼理由はこちら。

  • 結果がよくて大喜びした場合・・ほぼ80%の確率で気が抜けて、次のテストで下がります
  • 結果が悪くてガッカリしすぎた場合・・勉強する意欲が低下することがあります(楽しい雰囲気ではなくなってくる)

本当にこれなんですよね。(汗)

10歳レモンくんも過去のテストにて。

よっしゃーー!!」の後は要注意。(汗汗汗)

子どもって本当に分かりやすくて、気が抜けます。

案の定、身が入らない勉強の後は、「やっばい!!」という結果が待っている感じ。(汗)

という訳で。

だんだんと、「テスト結果は、小さめの一喜一憂にとどめておく」ようになりました。

長い目で見て、成長を見守っていきましょう〜。

今日は、テストの心構え、家庭学習で大切にしたいことのお話です。

テストの心がまえ*小さめの一喜一憂にとどめ、次はどうするか?を考える

f:id:simplehome:20220127183618j:plain

テストの一喜一憂をしすぎた場合、あまりいいことがなかったわが家。(汗)

なので。

一喜一憂よりも「よかった所、改善したい所」を、じっくりと探すことにしました。

明日からどう勉強していくのがいいか?が、結果よりも大切です!!

(これは、中学生以降は自分で考えるといいと思うのですが、小学生はまだむずかしいかな?と感じました)

そうすると・・

めちゃくちゃ大喜び!!だった時でも「反省すべき点」はあり、

めちゃくちゃガックリ!!だった時でも「よかった点」はあることが分かりました。

つまり。

「一喜の時は、少し反省する。一憂の時は、少しほめる」

逆のこともしておくと、明日からの勉強に役立つんですよね。

ちょっとだけ振り返ったら、サッと気持ちを切り替えて。

また淡々と、コツコツやっていきましょう〜。

家庭学習で大切にしたいこと*暗記学習の「量」に気をつける

f:id:simplehome:20220211173025p:plain

▼学習する上で、欠かせないことはざっくりこちらです。

  • 理解する
  • 覚える(暗記する)
  • 応用する

暗記することってとても大事だし、それができていないとテストで得点できません。

とはいえ。

ただ暗記するだけの勉強ばかりになると、思考力が低下することがあります。(汗)

▼なので、この2つを「いいバランスで」ミックスするのが理想的!!

  • 暗記する勉強(漢字練習、計算練習など)
  • じっくり考える勉強(応用問題)

そしてそして。

暗記する量が多いと、オーバーワークになってかえって定着が遅くなるようです。

この量は、子どもの個性によって変わるので、まずは適度な量を知ることも大切。

例えば・・

「1日1枚ペース」なら、ムリなく覚えていけることが分かったお子さんに、

「1日2枚ペース」を課したとたん、忘れやすくなったりします。

ちょうどよく暗記できる量を知り、そのペースでコツコツするのがいいなとしみじみ感じております。

ムリに量を倍にすると、もっと定着に時間がかかったりするんですよね。(汗汗汗)

「適正な量」にすることは、とってもとっても大切だなと感じております!!

家庭学習は、じっくり勉強を取り入れる

f:id:simplehome:20220227161638p:plain

塾やテストでは、スピードを求められます。

とはいえ。

とはいえです!!

家でもスピードばかりを重視していたら、そのうち、考える力が頭打ちになります。

全てが雑にもなってきます。(汗汗汗)

色々考えて、子どもに試してみた結果・・

やはり、じっくりと考える勉強も取り入れた方が、伸びていく感じがしました。

これはムリに遅くやる、ということではありません。

「自由に色々掘り下げたり、考える時間があるかどうか」です。

一見何も宿題や問題を消化していない、側から見るとムダとも見えるような時間かもしれませんが。

勉強の楽しさにつながり、実は根っこのほうで、思考力がグングン育っている時間になります・・!!

そういう時間を子どもが過ごしていそうな気配を感じたら、こっそりガッツポーズです!!

夜に反省する母

・・と、

テストで一喜一憂しがちで失敗したので。(苦笑)

その体験をもとに、いろいろ書いてみました!!

いや〜本当に、

いっぱい失敗したよね。(笑)

「明るく」失敗から学んでいきたいですね。

f:id:simplehome:20220305194752p:plain

久々の深夜ブログでした。

静かなリビングが、最高すぎましたーー!!(笑)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です

▼なんとも片付かない、ワークスペース。ちょっとだけ工夫したのでまた書きます!!

www.simple-home.net

▼もうすぐぎっしり収納になります。(笑)

www.simple-home.net

*なんだか疲れがちな日々に、温かなコメントをありがとうございました!!感激です。取り急ぎお礼まで。コロナ禍で大変ですが、一緒に乗り切っていきましょうね♡*

今日もみなさまにとって健やかな1日になりますように。笑顔になれることがありますように。

いつもお読みいただき本当にありがとうございます・・!!