心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 1歳と3歳と8歳と11歳の子ども、夫と6人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

【学習まんが「日本の歴史」の使い心地】地理の学習に「現代史」が役立ちました!

スポンサーリンク

【学習まんが「日本の歴史」の使い心地】地理の学習に「現代史」が役立ちました!

こんにちは。ayakoです。

▼だいぶ前からわが家にある、マンガ日本の歴史です。

この頃、地理を学んだ小5息子が繰り返し「現代史(近代史)」を読んでいます。

日本の歴史というと、もっと昔のことが載っているイメージがあったのですが。

(弥生時代とか、江戸時代とか)

現代史、つまり「最近起きたこと」も詳しく載っていることを再発見しました!!

8歳モモくんは昔の時代〜戦争中までを好んで読んでいます。

一方、11歳レモンくんは現代史(戦後の2巻)ばかり開いています。

私「なんで最近のばかり読んでいるの?」

レモン「1番興味があるから。それに、地理で勉強したことがいっぱい出てくるんだよー!!」

え、そうなんだ??と思って見て見たら・・

本当に地理で学習した内容が色々出て来ました!!

地理で「文字だけで学んでいたこと」が、マンガになっているせいか、頭に入りやすいみたいです。

社会は「はじめて出会う単語」が多い科目なので、理解が深まるマンガがあってよかったなと感じました。

(単語だけ覚えても、すぐに忘れてしまうんですよね。汗。深く理解するというか、納得する方が長く心に残ります)

今日は、まんが日本の歴史(現代史)の使い心地のお話です。

わが家にあるのは、集英社のセットです

▼わが家の歴史まんがはこちらです。

「地理に役立つ〜」と、喜んでレモンくんが読んでいるのは、この中の19巻と20巻です。

一体、何がどう役立ったのか??

少し詳しく見ていきたいと思います!!

(*子どもから言われるまで、「現代史が地理に役立つ」ことに、全然気づきませんでした。

というか。

自分は子ども時代に「現代史はつまらない」と読まなかった記憶があります。汗

歴史以前の地理で、こんなにお役立ちになるとは思いませんでした!!

ただ、元々集英社を選んだのは「現代史が充実していて分かりやすい」と聞いたから、なのです。

だから、ねらい通り活躍してくれてちょっと嬉しかったので、記事にしてみました*)

現代史「高度成長の時代」の日本。19巻

▼こちらは19巻です。

▼昭和時代が丸わかり。

▼表紙をめくると・・

「工業地域、工業地帯」の日本地図。

(手は関係ない3歳イチゴくんの手です。笑)

この工業マップからして、地理のにおいがめっちゃする!!

工業って、地理においてかなりヘビーな分野なんですよね。(汗)

「なんで自動車工業は、機械工業と別に円グラフに載ってるの?」と聞かれて。

え?なんでかなーとなっています。(汗)

気候、風土からはじまり、地方別の特色、農業、工業、環境問題まで取り扱うし。

地理は情報の嵐なんですよーー!!

1回聞いたくらいでは、全く意味分からん用語ばかりです。

(もっとライトな分野かと思ってました)

工業の発展と、公害のこと

▼公害病も、サラッと覚えただけでしたが。

このように、しっかりストーリーで出てきます。

怖い公害の話。

字面だけで知っていた情報が、こうしてまんがになると、深い理解になるようです。

インスタントラーメンのこと

▼先日行った、カップヌードルミュージアムから帰ったら・・

www.simple-home.net

▼「ママ見て!ここ載っているんだよ!」と小5レモンくん。

インスタントラーメン、ちゃんと載ってる!!

息子、とても嬉しそうでした。

カラーを織り交ぜながら、ていねいに描かれているまんがです。

三種の神器のこと

▼冷蔵庫、テレビ、洗濯機が家庭に行き渡るようになった時の話です。

妻から「次のボーナスで家電が欲しい」と、圧をかけられている夫が描かれていました。(笑)

いつの時代も変わらない何かがあるんだろうな。うん。

今まで現代史は、歴史まんがで読みたいと思わなかったのですが。

息子経由でけっこうおもしろく、よくできていることを知りました。

このほかにも、レモンくんが熱心に読んできたのは「変動相場制」になった時の話。

▼円高と円安がなかなか理解できなかったのですが・・

  • 固定相場(円安で固定の状態)から、
  • 変動相場へ(どんどん円高になっていった)

ことを学べ、さらに、貿易での有利不利も理解できました!!

理解しないで暗記すると、すぐ忘れてしまうんですよね。(汗)

分かりやすく書かかれていたので助かりました。

現代史「激動する世界と日本」平成時代。20巻

▼すっかり現代の表紙です。

▼平成時代のことが丸わかり。

▼小泉首相が、郵政民営化を実施するときの様子です。

いろんな首相が出てきて、そして、大きな地震による災害も登場。

レモンくんが生まれた年に起きた、2011年、東日本大震災の様子も描かれています。

▼100円ショップなどの、安いお店と、デフレの関係についても。

私も勉強になりました。

そして、子どもが熱心に読んでいた理由がよく分かりました。

地理でとにかく覚えてしまえ〜と、覚えたことが、こうしてまんがとして読めて。

やっと心から「分かった!!」という状態になったのだなと感じました。

コラムも充実しています

▼子どもの頃に読んだ歴史まんがよりも、絵がいいし、コラムも充実していて読みやすいです。

(イラストがていねい!!)

この歴史まんがでよかったんだろうか・・と、最近まで自信を持てなかったのですが。

地理にも歴史にも使えることが分かり、ホッとしました!!

これからも愛読していこうと思います。(子どもたちが)

ひと休みしよう

▼夏は、こまめに休憩しましょう〜。

夏休み、もうすぐ終わりますね!!

うれしくて泣きそうです。(笑)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事です

▼前半は社会をがんばった夏でした。地理は本当にヘビーですね。(汗)

なるべく深い理解をうながし、脳みそにふかーく刻んでほしい!!

きれいさっぱり忘れないでね。頼むよ。(笑)

www.simple-home.net

▼漢字ノートはこちらにして大正解でした・・!!マス小さいのは2度と使いません。

字の間違いに本人も気づけるようになりました。

www.simple-home.net

みなさまにとって、健やかですてきな1日になりますように・・!!

今日もお読みいただき本当にありがとうございました・・!!