心を楽に、シンプルライフ

イラストレーター&シンプルライフ。 1歳と3歳と7歳と10歳の子ども、夫と6人暮らし。 2016年に中古マンションをフルリノベ。 無印良品とすっきり北欧、マリメッコのワンピース、物の捨て方と減らし方、 子育てで分かったこと、夫婦のいろいろ話。……ほぼ毎日、シンプルライフに役立つことをエッセイのようにつづります。

【お母さんのための「男の子(女の子)」の育て方】を読んでみた感想。笑いありでおもしろいです!

スポンサーリンク

【お母さんのための「男の子(女の子)」の育て方】を読んでみた感想。笑いありでおもしろいです!

こんにちは。ayakoです。

基本的に育児書はあまり読まないのですが・・

▼先日、こちらの2冊を読んでみました!!

花まる学習会の高濱先生が書かれているから、絶対おもしろいだろうなあ・・!!と。

読んでみたくなりました!!

結果、やはりおもしろかったです。とても参考になりました。

▼正直な所、こういう分類はなかなか難しいと思うのです。

  • 男の子だから〜です
  • 女の子だから〜です

こんな風に決められると、なんだか窮屈に感じますしね。

なるべく偏見のない目で見ていきたいな、と。

例えば「男の子って忘れ物多いよね」という話になった時に、「私は女だけど忘れ物多かったような・・(汗)」みたいなこともあるので。

人それぞれの個性による所も大きい、と感じております。

(ジェンダーレスの時代の流れもあるので、余計にそう感じるのかな?)

・・

とはいえ。

夫と私が完全に同じ分類なのだとすると、どうにも納得のいかない「違い」を日々感じているのも確かです。(笑)

それがですね。

高濱先生の2冊の本を読んで、夫についてすごく納得させてもらい、スッキリしました。

と同時に・・

「男の子」の本で1歳サクラちゃんに当てはまる〜!を発見したり。

「女の子」の本で10歳レモンくんもそうだよな〜と感じることもありました。

本では、割と典型的なパターンが載っているので。

  • おとなしい男の子は、女の子向けの本も参考になる
  • 活発な女の子は、男の子向けの本も参考になる

と感じました。

今日は、お母さんのための男の子(女の子)の育て方を読んだお話です。

お母さんのための「男の子」の育て方

▼読んだのはこちらの本です。

▼カバーのメッセージはこちら。

おお・・!!

これは第一子のレモンくんが、もっともっと小さな頃に読んでみたかったです。

小さい頃は本当に、悩んで悩んで汗かきまくっていた気がします。

幼児さんまでは本当に大変だった。(汗汗汗)

おおらかに構えることって大事ですね。

さて。

10歳ともなると、そこまで「分かり合えない」関係ではなくなりました・・!!

成長ってすばらしいです。

頼れる存在だし、話していても楽しいです。

(反抗期のような症状は、もちろんまだ出ます。出た時は、そっとフェードアウト。こちらも前より「お互いが疲れない関係」を意識するようになりました)

それから夫について。

「恋愛時はいいとして。

結婚後、夫は年々結論と要点にしか興味がなくなり、妻は夫としゃべってもおもしろくない」そうです。

ああ〜高濱先生、楽しい文章をありがとうございます。

いっぱい笑わせていただきました!!

「ちがう生き物だと思えば、なんでわかってくれないの??と思わなくて済みますよ」だそうです。

特徴をとらえたイラストがおもしろいです

▼これが・・!!

すぐにいなくなるチョロ介。

じっとしていられないのよね。分かるよ。

わが家の場合、レモンくんがまさにこれでした!!

じっとしていられないし、机の上の物もさわりたがり。落ち着いて外食できませんでした。(汗)

ただ、7歳モモくんと3歳イチゴくんは、新しい場所ではじっとしているタイプだったんですよね。

子どもにもよりそうですね。

ちなみに、1歳サクラちゃんは動きが激しいタイプ。落ち着いて外食できません。(笑)

好奇心旺盛なのはいいことなので。

将来有望!!と思うことにしよう〜。

これ、やらないようにします・・!!汗

▼これ、やらないようにしたいと感じました!!

物事を事件化して、大騒ぎする母ちゃん。

心当たりあるあるです。猛烈に反省。(汗汗汗)

「そういうこともあるよね」と、ドーンとかまえる母ちゃんを目指したいです!!

要は肝っ玉母ちゃんのことなんだろうな。

おおらかにいこう〜。

(とはいえ。

イライラも止められない感情ですからね。そこも無理なく違う方向へ発散させていきたいですね)

あ、今10歳レモンくんに確認したところ・・

「小さなことで騒ぎすぎ」だそうです。(笑)

気をつけようーー!!

個人的に、男の子の育て方本は、笑えてストレス発散にもなりました。

男の子の特徴もおもしろかったです!!

お母さんのための「女の子」の育て方

▼男の子の本がおもしろかったので、女の子の本も読みました。

▼カバーに書かれていた言葉はこちら。

うちは4人いるので、気をつけないとなあ・・。(汗)

母ひとりじめデーって大事かもしれないですね。

▼女の子あるあるは、共感した部分もいっぱいありました!!

  • いじめをくぐり抜けているから、そもそも強い
  • いくつになっても「かわいい」「きれい」「わかる」が好き
  • 小学5年生を過ぎたら、子ども扱いはやめる

「それかわいいね」と言うと、お友達になれるんだよ、と言っていた小学生の女の子が紹介されていて。

感心してしまいました。

(母娘特有のバトルの原因と対処法についても書かれていて、なるほど・・と勉強になりました)

おしゃべりが好き

▼この、おしゃべりが・・!!

お父さん。(笑)

生きることはしゃべること、なんですね。

なんだかすごーーく納得です。

わが家は1人っ子ではないので、順番に話を聞いてあげられるといいな。

やりがちなことも発見しました

▼こういうの、やってしまいそうです。

というか、思い当たることがあります。(汗)

厳しいことはやらなくていい・・と。

危険の芽をすぐ取り除く母ちゃん。

私は心配性だったので、第一子が本当にこれでした。

男の子なのに、女の子並に心配していたみたいですね。(汗)

「外に任せる、信じて見守る」

外の世界は厳しいこともあるけれど、とびきり楽しいこともあるから。

信じていこうーー!!

・・と、

2冊読むと、男女の垣根を超えて共感すること、勉強になることがたくさんありました。

あ、共通事項として。

「漢字の練習だけは、泣いてもやらせてください」と書かれていました。

難しい算数の難問はがんばっても解けないかもしれませんが、漢字は誰でもがんばればできます、と高濱先生。

漢字の学習を通して、忍耐力が身に付くそうです!!

お手紙のこと

高濱先生は、お手紙は女の子の特徴で取り上げていましたが・・

男の子も大好きです、お手紙。

▼いっぱい保管しています。

夫婦の会話が「結論だけ」になりがちなので。

おしゃべりできる男子に育ちますように。(笑)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

▼漢字ドリル、よいです!!

漢字だけは、絶対に習得させてくださいと言う高濱先生。

がんばりますーー!!

ついつい理系なので算数によりがちなので、気が引き締まりました。

www.simple-home.net

▼朝学習の習慣がない時に、スタートとして取り掛かりやすいシリーズです。

www.simple-home.net

▼反抗期はきつかったです。(汗)バトらないようにしていこう!!ドーンと構えてね。

けっこう男の子研究に励んでいるなあ・・と感じました。夫研究にもつながっておもしろいです。(笑)

相手を知ればイライラも減る、という仕組みです。

www.simple-home.net

今日もみなさまにとって健やかな1日になりますように。笑顔になれることがありますように。

いつもお読みいただき本当にありがとうございます・・!!